スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切なお知らせです。

ボーダレス・アート・ミュージアム N0-МA にて 東健次の遺作を遂に発表する機会を与えていただきました。
この作品は、146回めの窯に入れて焼く予定だった作品です。がその目前にして亡くなってしまい私が友達の力を借りて焼くこととなりました。船長のいなくなった難破船を走らせる不思議な冒険の旅の果てに出会いがあった奇跡に心より感謝しています。
このブログを読んでくださる皆様、どうぞこの秋は、ボーダレス・アート・ミュージアムN0-М0にお越しください。
きっと新しい出会いと発見がある事でしょう。
楽園の夢 「9月3日~11月27日 滋賀県近江八幡市永原町上16 旧野間邸」 ホームページ http://www.no-ma.jp

秋の作業を終えて

残された、彫刻13体について以前にも書きましたが、2015年春に3体、そして秋に3体建てる事ができました。
10月20日より11月6日で8段積む作業でした。左官屋の都合、また天気が災いして、なかなか時間のかかる
作業でした。やはり心配していたように熱で作品に歪みがかなりありました。石を作品に噛ませたり、棒で支えたり、
それこそ手が3本欲しい、、、悪戦苦闘の作業です。それもそのはず、亡き夫が「自分でも建てられるかな・・・。」と言っていた
作品です。仕舞いに「東さん、これ天地,逆と違うか。」と左官屋に言われ泣きたい様な、可笑しな工事でした。
作業工程を写真で見てください。

13体の彫刻について

IMG_2023 三体の彫刻、完成
IMG_2021残された三体の彫刻を建てる6段め
正面門柱、向かって左の4段めまで積み上げられた彫刻が残されていました。まずは、その上から取り付けることにしました。乾かないよう、ゆっくりとセメント仕事が出来るように、5月31日より工事を始めました。4日で工事は、終了しましたが、それから先のことは、デッサンも日記にも書き残されていません。次回の工事を10月20日からと日取りだけ決めて、準備に取りかかりました。その毎日は、分らない苦悩の連続で頭が破裂しそうです。かつて夫が地面につるはしで、書き記した、彫刻を取り付ける線が消えないように書きなぞる事で精一杯でした。


IMG_2016ブログ6月建てた彫刻

残された 彫刻13体 をどうしても取り付けたい

2013年5月21日の亡くなる数日前、なにかを感じていたのでしょうか。アトリエに私を呼び13体の彫刻、そして、メーンプレートを取り付けてほしいと話してくれました。鬱病との7年間の闘いのなかで疲れはて、ほとんど会話のない家庭生活の中で、真剣な面差しで、語る姿には、胸迫るものがありました。しかし、13体の彫刻は、アトリエにバラバラに置いてあり、取り付ける順番さえ、何処にも書いてありません。自分でも、取り付けるのは、難しいと言っていた彫刻をはたして、私が出来るのでしょうか ?

「そこにある美術~アール・ブリュット展~」 に虹の泉も出展させて頂いております!



米子市美術館 九月六日(土)~二八日(日)
倉吉博物館  十月九日(土)~十九日(日)
鳥取県立博物館 十月二十五日(土)~十一月三日(日)

鳥取県を以上の三ケ所移動します。

どうぞご覧ください。



お問い合わせ  

第十四回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会実行委員会事務局
  
電話 0857-26-7157

FAX 0857-26-8136

HP   https://www.14geibunsai.jp/tenji4/


  
プロフィール

nijinoizumi

Author:nijinoizumi
皆さんこんにちは!

ここでは「陶芸空間 虹の泉」の
色々な情報をお知らせしていきます。


いつでもご自由に遊びに来てください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。